無糖の日々

FC東京とグルージャ盛岡を推すブログ。
当面、ハシゴこうたたに特化したサイトとなっています。

スマホで見る方も一番下にある「PC表示に切り替え」を押した方が見やすいと思います。
<< ゾロ目ゲット | main | 天皇杯組み合わせ決定 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
書店関係者ならば
暴れん坊本屋さん (1)
暴れん坊本屋さん (1)

えー、ワタクシ、某出版社に勤務してまして、
そのきっかけになったのが、学生時代に4年間働いていた、
目黒区内の某書店でのバイトだったのです。
バイトしてたからこそ、出版社を受けようと思ったわけで。

今は、出版社勤務といっても、
あまり雑誌書籍には関わりのないお仕事なのですが、
やっぱり、当時のバイトが、今のモロモロにつながってるなぁと思ったり。

で、このマンガ。
朝日の日曜の書評欄にも載ってたのですが、
マンガ家兼書店員の著者の、ほぼ実話書店員マンガ。

特に、朝の荷出しとか、文庫の補充の話とか、
とりあえず「番線」という単語が出てくるとことか、
調整を見越して多めに注文出したら、まれに満数来ちゃう話とか、
働いた経験あるからこそ、リアルでおもしろかった。
左腕に文庫30冊とか40冊とか、持てちゃうんですね。
なつかしー。

今でも、本屋でまた働いてもいいなぁと思うこともあるしね。
当時のあのバイト代では、勘弁だけど。

たぶん、普通に読んでも、すごい面白い、という保証はないけど、
「書店で働いた経験のある人」にとっては、
すごくハマる1冊だと思います。
かなり限定的だけど。
| ムトウさん | 読んでみよう | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:43 | - | - |









http://uccblackmuto.jugem.jp/trackback/969
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
qrcode

このページの先頭へ