無糖の日々

FC東京とグルージャ盛岡を推すブログ。
当面、ハシゴこうたたに特化したサイトとなっています。

スマホで見る方も一番下にある「PC表示に切り替え」を押した方が見やすいと思います。
<< もうじき延びますゆりかもめ | main | ベガッ太、笠松にて坦々麺を食らう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
草津本
サッカーがやってきた―ザスパ草津という実験
サッカーがやってきた―ザスパ草津という実験
辻谷 秋人

NHK出版から、
ザスパ草津本が出ていたので、購入。
新潟本は、やたら出てるのですが、
そもそも「生活人新書」から出てるのにびっくり。

草津生まれのスポーツライターが、
JFL昇格前から、じーっとチームを追って綴る、
ザスパ草津のみならず、
これからの地域サッカーチームの道標みたいな本。

草津を語る上では、
現鹿島コーチの奥野氏の存在が絶対で、
となると、どうしても、現チェアマンとか、
鹿島の影を感じてしまうのは、個人的な被害妄想。
新潟もそうだけど、どうしてもネタにしやすいのは、
仕方ないのかもしれない。
「温泉で働きながら、サッカー」
というシチュエーションが、どうしても
「二足のワラジ」的で、日本人受けするのは事実だし、
その辺は、著者もしっかり書いてます。

とはいえ、関東リーグ時代にも、舎人まで見に行ったことがあるので、
ひたむきさ、過度な期待を受けるプレッシャーというのは
見てて感じたものです。

今年からJ2に昇格し、
トップチームは前橋に拠点を移してしまったので、
実質、今のチームは「ザスパ群馬県」。
草津の人から見ると、
「こんなに手厚くサポートしたのに、草津を下りちゃうのね」
的感情は、少なからずある様子。
去年、1試合しかできなかった草津町内での公式戦が、
今年はサテライトとして7月から5試合予定あり。
東京がらみではないけど、一度目にしたいところ。

草津以外にも、愛媛FCの友近選手へのインタビュー、
これからJをめざす、各地域の状況など、
「05年春現在の日本サッカーの底辺」
を見るには、ちょうどよい感じ。

何より、みっちりと調べあげて書かれているので、
ストレスに感じるような誤植がなく、安心。
チーム名や、日付や、ちょっとした間違いが、
結構読んでて、ストレスになるもんですからね。



個人的にも、
神戸在住時にセレッソの昇格、
東京に出てきてからの神戸の昇格、
そしてFC東京への完全移籍(?)、昇格、
仙台への浮気(?)、昇格(+降格)と
さまざまな浮き沈みを、結構間近で見てきて、
やっぱり、「上を目指す人の顔」って、
どんなリーグにいても、違うなぁと思うのです。顔つきが。

やっぱりつらいのは、
「勝たないと上がれない」「勝ってナンボ」
の世界だというとこ。
東京の試合長らく見てると、
「負けてもいいプレイを見て、それを肴に宴」
なんてスタンスで見ようとしてるんだけど、
でもせっかちだから、連敗に過敏。

J昇格を狙う選手たちも、
「勝て勝て勝て勝て」って周りから言われることが、
とてつもなくプレッシャーだろうし、
カテゴリー違っても、それは同じなんだろうけど。



各地域、各リーグで、
まだまだ上をめざす人々がいて、
その全てを追えるわけではないのだけれど、
見られるものなら、その場で見たい。
見ないと、語れないし。

そんなわけで、今月は念願の九州リーグ、
V・ファーレン長崎 vs ロッソ熊本」を、
6月にはがんばって、グルージャ盛岡の試合を見たいと画策中。
前橋も行きたいんだけどなぁ。
今年は、J2がかなり固定日程(土曜14時or19時開始)なので、
J1と組み合わせての観戦が、しづらいのが難。

というわけで、一読の価値ありというとこで。
| ムトウさん | 読んでみよう | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:29 | - | - |









http://uccblackmuto.jugem.jp/trackback/578
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
qrcode

このページの先頭へ