無糖の日々

FC東京とグルージャ盛岡を推すブログ。
当面、ハシゴこうたたに特化したサイトとなっています。

スマホで見る方も一番下にある「PC表示に切り替え」を押した方が見やすいと思います。
<< 9/20祝ハシゴこう戦う!? | main | 209:もし切れなければ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
現実、そして交代
城福浩監督解任のお知らせ

これを知った瞬間、割と淡々とした自分がいました。

まだ11試合あるじゃん、平気だよ平気。
前からも、今でも、これからも、そう答えるのですが、
現実は待ってくれない。
そうやって手遅れになったチームが過去にたくさんあり、
そんなチームたちを、哀れみの目で見ていた自分がいる。

結構、冷たいもんなんですね、他チームのことは。

で、それが自分のチームに降りかかる。

2月のキャンプで、徳永の慣れないボランチ姿を見て、
都城や宮崎での、なんかアンバランスな練習試合を見て、
どことなく不安を感じていた、その感覚が
まさかここにつながるとは。

なんでしょうね。
うーむ。

「やるのは選手で、監督ではない」
「だから監督なんて誰でもいい」
なんて極論をちろっと口にしたら、
日曜晩に一緒に飲んでた、仙台サポな皆さんから総ツッコミされました。

あんまり、難しいことは考えてません。
試合数は見てますが、風景を見るように、水を飲むように試合を見てるだけです。
何かを変えなくちゃない。
そんなことは、どんな素人なボクだってわかるのですが、
何をどうすればいいのか、監督も選手もわからないのだから、
ボクらにも分かるわけがない。

ということは。
誰かを替えなくちゃない。

そのとおり。
そうなんですよね。そうなんです。
わかってはいるんです。
いるんですけどね。

そして。


たぶん、磐田戦で負ける負けないにかかわらず、
もっと前から打診はしていて、もうOKはもらってたようなタイミング。
京都や神戸みたく、内部からの昇格というわけではないのに、
こんなに早く発表できるわけがない。

て話はどうでもよく、
FC東京、いや東京ガスを見はじめた96年より前から監督を務め、
J1に押し上げてくれた大熊さん。
当時のサッカーが好きか嫌いかなんてのは大した話ではなく、
当時はアレでJ1の皆さんと互角に渡り歩くことができたのだから、
とてもとてもいい思い出。

代表コーチで、何かプラスをもたらしてくれるのかとか
いろいろ妄想はしてしまうのだけど、
どっちにしろ残り11試合のうち、少なくとも半分、
5つ、いや6つは取らないと安全とは言えないのだから、
いかに勝ち点3(1ではなく3!!)を取れるチームにするか、
ホントそこだけ。

クチでは、九州5回も行けるとか、
鳥取とか富山もいいねとか、適当に言っちゃってるわけですが、
あとは最終節に笑うために、一人一人ができることを。



と、もやもやと考えていました。
文章にするとあまりもやもやしてないけど、
これでもそれなりにもやもやしてるんです。

大丈夫。大丈夫だよ。
| ムトウさん | 東京が好き | 06:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:41 | - | - |









http://uccblackmuto.jugem.jp/trackback/5096
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
qrcode

このページの先頭へ