無糖の日々

FC東京とグルージャ盛岡を推すブログ。
当面、ハシゴこうたたに特化したサイトとなっています。

スマホで見る方も一番下にある「PC表示に切り替え」を押した方が見やすいと思います。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
326:空を舞う鳥
10月2試合とも欠席のため、
8月末以来、2ヶ月半ぶりの南公園。

グルマルの投票やってました。



こんな感じ。



今シーズン出店したお店がずらりと。



細かいとこに気がきく感じで。



すっかりおなじみになった銀河高原グルージャ缶。



こんなん出たんですね。
カルビー×銀河高原ビールコラボ。



さすがに今日は冷えてるので、
をかしら屋の芋の子汁が大人気でした。



これで300円は安い。具沢山。
が、あ、甘いw



岩手山を望む。



もうかれこれ31節です。

明治安田生命J3リーグ
グルージャ盛岡 vs SC相模原
盛岡南公園球技場A






試合序盤、空に1羽の鳥が。



つ、鶴??

と思いきや白鳥でした。
こんな低いとこ飛ぶんだ。



まぁ試合は惨敗なのですが、
この試合よりグルージャ10周年イギリス製マフラーが発売開始。



白くないのはまぁともかく、
エンブレムはがんばって再現しようとしてるのはよくわかる。



初めての全国リーグなので、
年間30試合以上もリーグ戦やるのはもちろん初めての盛岡。
特に第3クールはかなり研究されているので
なかなか勝ちきれない試合が続くのですが、そうはいっても残り2試合。
笑顔で今シーズンの締めくくりを。
 
| ムトウさん | つれづれ観戦記録14 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
303:台風ニモマケズ
はるばるやってきました、コザ陸。
暑いです。同じ日本とは思えない。



ちと早すぎて、まだ誰もいない当日券売場。



この暑さなのにクーラーボックス不可なのか。



開場前に中を覗いてみる。



屋根。



屋根と思いきや…



棒が連なってるだけで、雨よけにならないこと判明w



おなじみキロ弁。
3月は見事に玉砕しましたw



見ただけでおなかいっぱいです。



しかも500円!!



おかずとごはんとで500円!!w
琉球サポに聞くと、おかず1+ごはん2頼んだり、
おかず2だけ頼むこともあるとか。わけわからん。



選手紹介では、おねえさんが1枚ずつ掲げてくれる。



真夏ですねぇ。
10月の沖縄。

連休開催の予定が、台風で2週延びました。

明治安田生命J3リーグ
FC琉球 vs グルージャ盛岡
沖縄市陸上競技場



盛岡の選手たち。



盛岡サポは4名ほど来てました。
台風で2週順延になったにもかかわらず、よく来たものだ。

ロスタイム、ラストワンプレーで追いつかれて1-1のドロー。
さすがに20℃違う環境では90分きつかったか。



挨拶後、ベンチでぐったりする吉岡。



雨ニモマケズ
台風ニモマケズ
琉球ニハマケズ

今季、琉球相手に2勝1分け。
U22選抜に続く勝ち点9ゲットはならず。
それでも、負けなかったことはよしとすべきか。

那覇空港にて。
キャラ引退したはずのぐしけんくん(仮)がまだいましたw


 
| ムトウさん | つれづれ観戦記録14 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
224:開幕からの進歩
J3も8月24日で3分の2消化。
開幕で当たった鳥取とは、かれこれ5ヶ月ぶりの対戦。

あの開幕、かたや去年までJ2、かたや東北1部からの昇格組、
オトナとコドモ以上の差がつくとみんな予想してました。
が、90分フルで守りまくり、がっちりと勝ち点1ゲット。
笛が鳴った瞬間、吠えまくったのはいい思い出。

で、5ヶ月たった今。
まさかこの時点で鳥取と順位を争うとは誰が予想できただろうか。
現時点で勝ち点が並び、暫定ながら盛岡が4位、鳥取は5位。
選手も客も、3月とは違った気持ちに違いなく。

で、今回は鳥取市ではなく米子市。
GM岡野氏の名を冠した、チュウブYAJINスタジアム。
2012年末に完成したもののJ2での使用が認められず、
今年ようやくJ3公式戦が5試合開催。
これが4試合目の開催。

これまでの3試合は、町田秋田に負け、藤枝とスコアレスドロー。

去年8月、豪雨のプリンスリーグで初観戦して以来、2度目の来訪。
すぐそばには、コラボしたポプラがあります。



新潟のローソンみたいな感じですね。
グッズがたくさん売ってます。
こういうのが街にちょいちょいあるといいよなー。
盛岡だったらキャメルマートだよなー。(もうないw)

スタジアムの看板。
ポプラの案内もあるし、米子開催のポスターも掲示。
いいなぁ。



というわけで入場。



Jリーグ屈指のフードコート、米子でも開催。
ここまで地元フードにこだわり、個性を出してるとこ
そうそうないと思うのです。



おなじみのピッチャーも健在w
3月に来た時は、みんなでテーブル囲んでピッチャー飲んでるの見た。
いいよねぇ。



今回はこちらいただきました。



あごカツのカレーバーガー。500円。



カツみっちり。
んまい。



で、ビジター席に戻ると、ガイナマンがやってきまして、
握手してみたらものすごく強く握り返されたw くそw



選手控室から様子をうかがう盛岡選手たちw
土井ちゃんと征矢、あと誰だったかな。
Jの中でも、こうやって試合前に落ち着きのないチームはそうはないw
(一応褒めてるw)



で、バック。



メイン。



ガイナーレ鳥取 vs グルージャ盛岡
チュウブYAJINスタジアム



例の「選手獲得プロジェクト」によって2600万を集めた鳥取。
フェルナンジーニョに安田弟、盛商出身の谷村、
さらにハマゾッチまで獲得してやる気十分。

確かに6月までは17試合で12得点。
明らかに点の取れないチームだったけど、
7月からの4試合で9得点。
3強の町田長野金沢に1勝2分けと最低限の結果を残してる。

とはいえ、3月とは違って5位と4位の対戦。
序盤こそ押し込まれる時間あったものの、
徐々に盛岡時間が増え始める。
ここ最近の「土井ちゃんへのロングフィード→落とすorはたく→誰かが走る」
作戦だけでなく、右からの高瀬や守田の突破、
ケンタの4人をかわすドリブル(これはすごかった!!)、
富井のロングスローやFKなどなど、チャンスは割とあり。
前半はほぼ対等な出来。

後半開始にはこんな真っ暗な天気。



雨もときどき強く降り、たまにやんでの繰り返し。
鳥取、盛岡とも、切り返しで芝に足を取られる場面が増え始める。

突破を阻止したとして鳥取倉貫が黄紙2枚で退場になり、
これはいけると思ったのもつかの間。
3枚目4枚目を投入した鳥取の作戦は「点を取りにいく」。
残り10分は怒濤の攻めで盛岡を追いつめ、
耐えられるかと思った90+2分、
左からの長めのクロスに合わせたのは193cmのハマゾッチ。

あの混戦であのクロスに合わせて、
しかもGKの手が届かない、あの左スミへのゴール。
くやしいけど、あれは取れない。でもくやしい。

その前にも征矢のヘッドは小針が腕1本で止めたり、
惜しいシーンもいくつかあり。
3月みたいな、90分ひいてひいて守った試合ではなく、
対等にやり合えた試合。

だからこそ、勝ち点がほしかった。



試合終了後、監督もコーチも選手も、
みんな無念な顔してました。

次。もう1回、最終節に鳥取とやれる。
間違いなく、チームは成長していると思うのです。
3歩進んだり、1歩進んだりしながら。
勝ち点と一緒で、後に戻ることなく。





てことでほぼずぶ濡れになりながらも
米子市内に戻り、ごはんを食べ、
さぁサンライズ出雲に乗って帰ろうと思ったら。

???



伯備線で線路陥没?
3時間以上運転見合わせ?



てことで手数料なしで払い戻し、
翌朝のスカイマークとホテルをなんとか確保。

ちなみにそのサンライズ出雲は320分遅れで東京に着いたようですw

いやはや。
 
| ムトウさん | つれづれ観戦記録14 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
218:初めての雨、初めての逆転
鳥栖から瞬間移動で盛岡南公園。



U22選抜との3試合目です。

グルージャ盛岡 vs JリーグU22選抜
盛岡南公園球技場

盛岡スタメン。
前節相模原戦から征矢が外れ、森田真司が入る。



U22選抜。
ちょっと前にやってたU21日本代表とイコールではないけど、
おそらくU21代表当落選上の選手が何人か。



正直、3月のU22との初戦は力差を感じたけど、
さすがに今回の招集メンバーは上手い。
京都の三根くんがでかい。

盛岡は土井ちゃんをターゲット、U22は三根くんをターゲットとして
落としたとこに誰かがいくパターン多かったけど、
その「誰か」がなかなかからめない盛岡。
滑るピッチに、むしろホームチームの盛岡が手こずる。

とか言ってたら、5分その三根くん技ありゴールでU22先制。
DFを1枚ずつはがされて、フリーな状態作られてからのゴール。
J3はカウンターチームが多いので、こういうやられ方はあまりないかも。
これまでリーグ戦21試合、先制されて逆転したことがない盛岡。
ちょっとイヤな予感がよぎる。

とはいえ、34分右CKから土井ちゃんヘッドがバー直撃、
跳ね返りをユーセイ(岡田)が押し込んで同点。
このあたりから攻めに転じた時の攻め方にリズムが出てくる。

後半はほぼ盛岡ペースも、なかなかゴール割れず。
と、後半30分から平岡翼くん投入。
髪型変わってたw




7/27の町田戦ではサイドをぶっち切って同点弾を演出したそうですが、
今日は出場が短かったこと、U22が攻め込まれる時間が長かったこともあり、見せ場あまりなし。

なかなかシュートが決まらず、いろいろあきらめかけたロスタイム。
左45度のFK、ファーで待つ盛岡を守ろうとするU22を見て
富井が左サイドにちょこんと蹴り出す。
そこから広野がクロス、駆け込んだ高橋悠馬が滑り込みながら押し込んで逆転。



2-1。今季初の逆転勝ちでした。



高橋悠馬インタビュー。
「もってます」とアピールw



これで1試合多いながらも4位鳥取と勝ち点並び、
得失点差で鳥取を抜いて暫定4位。
開幕で対戦した鳥取と、この時点で順位で競り合うなんて
あの時点では全く想像してなかったぞw

でも、あの開幕戦で90分耐えに耐えてもぎ取った勝ち点1が
今季のベースになってるとは思うのです。

その鳥取と、次節対戦。
これまでフル出場していたDF小林が出場停止になってしまったので、
後ろのラインに誰を入れるか。
鳥取はこの夏にカニ資金で補強してるので、開幕のように耐えられるかどうか。



その他もろもろ。

ホームゲーム13試合にして、初の雨模様。
これまで、前日の雨や雪や強風にも負けず、
なんとか試合中は雨もってたのですが、ついに雨。
試合前に霧雨になり、一旦はあがったものの、やっぱり雨。

盛岡南公園はメインスタンドに申し訳程度の屋根、
しかもその半分以上が本部席と関係者席なので、
一般客が濡れずに座れるのは30席程度。
雨対策ゼロだったので、その1席をなんとかキープ。

「傘はダメですよ」アナウンスはそれなりに効果があり、
試合中に傘をさす客はほぼ皆無だったのですが、
まだ「雨だから今日はパス」ってお客さん多いだろうし、
今後は、雨が降ってもお客さんを減らさない方策、
傘NGを知らないで来てしまうお客さんへの方策が求められるのかも。

そして8月17日に入場者数「817名」という奇跡w

前節8月3日は35℃という気温とさんさ踊りの影響で今季初の1000人割れ。
昨年まで無料試合でも1000名ちょいが限界だったことを考えると、
今年は有料試合でちゃんとお金を払って見る人がいてのこの人数だからだけど、
それでもじわじわ目減りしてる感あり。

暑すぎず、雨降らず、バックスタンドの客はまぶしくなく、
てのがベストではあるけど、それかなり難易度高いw

とはいえ、もうちょい入るといいけどね。

最後に、グルージャマルシェで食べたもの。

今節は入場先着100名に銀河高原生ビール無料券。
いやホント、ありがとうございます。(写真撮り忘れたw)
前節でウワサになってた、グルージャエンブレム入り350ml缶の販売は
「諸事情」により延期になったとのこと。
商標使用許可に時間かかってるのかな…。

で、をかしら屋のホルモン焼きそば350円。
ホルモンがしっかり。これうまい。

 

 
カルツォーネならぬ、グルツォーネ350円。



包み紙にアブラ浮いちゃってるけど、なかなかうまかったです。

新商品も増えてはいるけど、観客が少ない日はなかなか大変そう。
15時キックオフてのも影響してるのかな…。
 
| ムトウさん | つれづれ観戦記録14 | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
88:6年越しの鶴飛来
かれこれ6年前、なぜか地決の決勝ラウンドが石垣で行われたことがありました。
物好きなもので日帰りで見に行ったわけですが、
そこにいたのは、町田、山口、長崎、ホンダロックの4チーム。
その前の週に盛岡は、松本、山口、静岡FCという
今考えたらおそろしい1次ラウンドに組み込まれ、1勝2敗で1次ラウンド敗退したのでした。

あれから6年。
グルージャ盛岡がようやく沖縄県で公式戦を迎えます。

ここ最近の遠征の強い味方、ジェットスター。



那覇空港に着きました。



路線バスで向かいます。



1時間ほどで沖縄県総合運動公園到着。
同じバスにサッカー観戦客は4名ほど。



沖縄っぽい看板。



着きました。



天皇杯の沖縄県予選決勝以来の沖縄県総。
4月から改装工事に入るため、今季最後の開催とか。



あらためて、Jリーグ誇らしい。



敷地内には屋台がいくつか。



名物らしいです。キロ弁



買ってはみたものの、



ハンパない量。
3回に分けて食べましたw

はるばる岩手県から来た方と
ダンマクを貼る。



そうそう、マケズ。

鳴尾さんとちろっとお話ししたのですが、
こういうハンパない長距離遠征も含めて
「J3なんだなと思います」とのこと。
盛岡〜成田は往復車中泊、成田〜那覇はLCCだったようで、
前回鳥取(茨城〜神戸乗換〜米子)同様、かなり大変な移動だったようです。

メインのみ開放。こんな感じ。
かなり少なめ。
聞くところによると、bjリーグとかぶると
そっちにかなり客が行ってしまうとのこと。



J3リーグ、まさかの首位決戦。
FC琉球 vs グルージャ盛岡
沖縄県総合運動公園陸上競技場



我那覇とか高橋とかいた琉球のイメージから
もっと縦に縦に来るのかと思ったのですが、
盛岡がしっかりゾーン組んでることもあって、
前半は「そんなにこわくない」横パスばかり。
琉球に「ボールを持たせてる」状態。



まぁ、ちとフォーメーションいじったためか、
高瀬が封じられたってのもあるけど。

後半33分に土井ちゃん(良太)と富井を入れたあたりから
縦突破がはまりだし、
土井ちゃんのワンツーの場面で倒されてPK。

前節ホームでもなぜか蹴ったDF岡田が決めて先制。
アウェイ側からだと、ポストに跳ね返ったように見えたのですが、
ゴール内に入ってからボールが飛び出たのでした。

3秒遅れて歓喜。



ここからはきっちり守備で1-0勝ち抜け。
まさかの3月首位ターン。



去年の後半を見てたので、
ある程度やれるとは思ってはいたけど、
まさか3月を3勝1分けで抜けるとは。

鳴尾さんは第1クール11試合を「勝ち点15で」と言ってたけど、
十分すぎる3月。
4月は町田長野相模原がホームにやってくるし、
アウェイ秋田金沢もなかなかだし、
ここが正念場な気も。

とはいえ、スタメンを固定せず、
4試合で20名に出場機会を与え、
いろんな組合せを試しながらも
そんなにやることはブレてない、ってのは、結構すごいことだと思うのです。
2月までほとんど練習できてなかったのに。

帰りはバニラエアで。



夕焼けがまぶしかったです。
秋のアウェイ、コザでの試合は天皇杯かナビスコがかぶる可能性が高く、
今年は来ないかもだけど、
こうやってJリーグ追っかけて沖縄に来る時代になったんだなーと感慨。
 
| ムトウさん | つれづれ観戦記録14 | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
71:Jリーグ、はじめの一歩
つれづれ観戦記。

およそ2年ぶりですね。
もろもろ事情により、観戦記を控え、
ハシゴこうたたに特化していましたが、

生まれ故郷、盛岡がJ3に昇格した開幕戦、記しておきます。



Jリーグ誇らしい。

とりスタはこれで4度目? 5度目?
盛岡が地決で1次ラウンドした場所、
東京がJ1復帰を決めた場所。

泣き、喜んだ場所。



メインスタンドに着くと、
鳥取選手バスを出迎える鳥取サポ。



す、すげぇ。
去年夏からここで勝ってない鳥取。勝ち、見たいですよね。

美しいとりスタ。



スポンサー看板。



スタグル。G's deliですね。



一昨年来た時ものけぞった、ピッチャーw



そして多種多様なお酒の中に



ド、ド、ドンペリ!!



その他、鳥取っぽいスタグルがたくさん。









盛岡だとなんだろうなー。
お茶餅は欲しいよなー。
冷麺じゃじゃ麺はハードル高いけど、
アウェイ客向けにわんこそばイベントとかしてあげると面白いかもなー。

ステージではガイナマンが体操してました。







どうも振り付けとちったようで、
この後土下座してましたw



子供にもやさしいガイナマン。

ようこそって言われました。ありがとうございます。



でもゴール裏10名程度でした。
遠いよやっぱり鳥取は。

東京からなのでまだ気持ち的に楽だけど、
選手たちは
  盛岡→(バス)→茨城空港→(SKY)→神戸空港
  →(SKY)→米子空港→(バス)→鳥取
だったそうで。遠いよね。

こんな仕掛けも。



で、鳥取サポ。



ビッグフラッグ。



そんなわけで、ついにここまできました。感慨深し。

明治安田生命J3リーグ開幕戦
ガイナーレ鳥取 vs グルージャ盛岡
とりぎんバードスタジアム



盛岡の戦士たち。
スタメン11名のうち2名が岩手出身。



もう、この電光掲示だけでうるっときますw



鳥取は派手に選手の入れ替えをしてるのに対し、
盛岡は出入りを小規模にとどめ、スタメンも新入りは1名だけ。
どんなことやるにしても、共通認識はもってるのかなと思ってました。



前半はそこまでがっつり引かずとも、やはり5バック。
というよりは3バックに2人がケアする形。
パスカットを狙い、同時に走る高瀬に出すプランで
何度かはまり、もう一歩というとこまで追い込む。

ハーフタイムには水芸。



後半は征矢を入れたあたりから
引くというよりはラインをがっちり組んだ形。
鳥取が2人目3人目を交代するあたりからかなり押し込まれるも、
集中した守りでしのぐしのぐ。

入場者数は3962名でした。
盛岡南も開幕でこれぐらい入ると、雰囲気ずいぶん違うだろうね。
あの辺の道路、大渋滞になりそうだけどw



そして、なんとかなんとかしのぎきり、
0-0スコアレスで勝ち点1ゲット。

Jリーグ初戦で初勝ち点です。



よくやった、よくやったよ。



あとから記事を見ると、
前半は5バック、後半は4-1-4-1に変更
しかも、このシフトは初めてだとか。
やりおる鳴尾さん。

たなびくJリーグ旗と両チーム旗。
J3だって、立派なJリーグ。



東京は東京で今年もかかさず見ますが、
J1とJ3は奇跡的にほぼかぶらないため、
可能な限りは見に行けるはず。

いろんなハプニングはあるだろうけど、
何があるのか、わくわくしながら今年1年を楽しみたいと思うのです。
 
| ムトウさん | つれづれ観戦記録14 | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
qrcode

このページの先頭へ