無糖の日々

FC東京とグルージャ盛岡を推すブログ。
当面、ハシゴこうたたに特化したサイトとなっています。

スマホで見る方も一番下にある「PC表示に切り替え」を押した方が見やすいと思います。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
32〜35:東京カップ三昧
衝撃!!
東京カップで電光掲示使用!!















| ムトウさん | つれづれ観戦記録12 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
19〜22:

これ見るたびに、千葉ってこわいとこだなーと思うw


そして、千葉駅といえばこれ。



いつものごとく凛々しいw







































| ムトウさん | つれづれ観戦記録12 | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
15〜18:おなかいっぱい新人戦
(元日もあったけど)
今年初めての東京の公式戦となる、U14新人戦。

東京オフィシャルのスケジュールによると
「14:55 駒沢二球」と。

まさか駒二使ってこの試合だけ、ということはなかろう。

ということで11時に駒二到着。
やってました。


都クラブユース連盟は今年も相変わらず
日程、会場をサイトに告知せず。
常々「この世代は1人でも多くの人に見てもらってなんぼ」と
言ってるのだけど、現実的にはその日程を知ってる親しかいないわけで
ああもったいない、ああもったいない。

とはいえ、物好きさん(含自分)は何人かいるもので、
現地到着後、今日は駒二で計7試合(U14が5試合、U17が2試合)、
この試合が今日の2試合目、前半20分あたりから見てたことを把握。

都クラブユースU14選手権3次リーグ
「府ロク vs FRIENDLY」駒沢第二球技場でした。
ブロック全勝同士、1点ずつ取り合い拮抗してましたが
後半26分に府ロクズドンで勝ち越し。

続いて「町田JFC vs 東京ベイFC U15」。




東京ベイが下部組織を持ってることは知ってたけど、
U15を見るのは初めて。
強豪町田JFCに対して、2枚残して後は引く、
完全なるカウンター狙いが時々スコンとはまり、前半は2-1。


後半はカウンターだけでなく押し込む場面もあったものの、
3-1で町田JFC勝利。
勝たないと決勝トーナメントにほぼ進めなくなるベイでしたが。

ここでお弁当買いに行って戻って次の試合。
「FC多摩 vs FC VIDA Jrユース」
FC VIDAは立川のチーム。


やや一方的な展開で3-1、多摩勝利。

ところで、今季より緑さん下部組織より、
思いがけない方が東京下部組織にやってきました。


中村さん!! ミニラさんじゃないすか!!
ホントだ東京のジャージ着てる!!

1/14付のスポーツ紙にも掲載されて衝撃だったのですが、
肉眼で確認し、あらためてびっくり。

緑さんはトップ、下部ともかなり人の出入りがあるようで。
でも今年はどのチームも大きく動いているような…。

さてと町田のダンマク。


「FC町田ゼルビアJrユース vs FC東京U15むさし」
3次リーグでよもやのJ下部組織対決です。


むさし的には、今できることを確認するような試合運び。
時々出る、中村さんの指示が、
どことなく今までの東京っぽくなくて不思議な感じ。
というより中村さんと呼んでる自分が不思議w

前半3-0、後半3-0でむさし勝利。
とはいえゼルビアもハマるとおもしろそうなチーム。
町田市のジュニアユースとしては後発のゼルビア、
今後はJの下部組織という看板がついたことで勢力図が変わるのかも。


ということで5時間半駒沢二球、ほぼ4試合観戦。
おなかいっぱい。

| ムトウさん | つれづれ観戦記録12 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
14:伝統だなんて
日本人は「伝統」好き。

この組合せが決まった時も「伝統」とか「古豪」とか「復活」とか
そんな言葉が並ぶ。

いやまぁそうなんだろうけど、
市船が長らく低迷していたかというとそんなことはないし、
四中工だってそうだし。

トーナメントで勝ち進む力はもちろんだけど、
それだけを見て語る、それがいまだに通るのが信じがたい。
もうみんな気づいているのに。

Jだってそうっすよね。
もういい加減、緑さんとか横浜とかに
「伝統」って言葉使うの、やめませんか?



さてと。
クリスマス前からの風邪が治りきってなかった影響で
前日8日は、絶賛体調不良につき完全休養。
年末年始がいつもと違うリズムだった余波も。

最大限の防寒をほどこして、いざ国立へ。


全国高校サッカー選手権決勝
「市立船橋高 vs 四日市中央工業高」国立競技場

今年は例年に比べて出足が鈍く、
キックオフ1時間前はそうでもなかったものの、
蓋開けてみれば、決勝らしく今日もびっしりでした。



開始直後、市船のルーズな処理につけこみ、四中工先制。
寝てた、のかな。

殴られて目覚めた市船、あの手この手で探るも得点に結びつかず。
それでもロスタイム突入直後に同点。
そして延長で逆転。

市船的にはもっと楽に試合運べたはずなのに
自ら追い込んでしまったわけだけど、
特に延長入ってからの集中力は見事でした。



今年は「○_○○_○_○_○」という、
10日間で6試合というスケジュール(四中工)。
(市船は2回戦からなので8日間で5試合)

インターハイほどではないけど(最大7日間で6試合)、
毎度毎度、きつい大会ですわなー。

トーナメントである必要も、当然あるだろうし、
でもはるばるやってきて1試合やって帰る不合理さもあるだろうし、
とはいえ全チームが予選ラウンド3試合戦うなどとなると
経費もろもろ問題もあるだろうし。

何かいい方法ないもんですかね。
と外野から。


| ムトウさん | つれづれ観戦記録12 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
qrcode

このページの先頭へ